第2回防災リスクコミュニケーション勉強会

(1)豪雨災害における避難スイッチについて 
竹之内健介様(京都大学防災研究所特定准教授)

(2)地球温暖化(気候変動)と熱中症に関する情報の改善について
井田寛子様(気象予報士・熱中症予防対策に資する効果的な情報発信に関する検討会委員)

(3)省エネ及び熱中症対策における行動デザイン(ナッジ)の観点での調査結果
糸井川高穂様(宇都宮大学地域デザイン科学部助教)

今年も各地で梅雨入りし、これから10月頃にかけて大雨シーズンとなり、昨年のような豪雨に見舞われる可能性があります。
また、今年の夏の気温は平年よりも高い予想となっており、熱中症への対策が必要になってきます。
そこで第2回防災リスクコミュニケーション勉強会では、「豪雨災害における避難」及び「地球温暖化と熱中症」に関する内容を扱います!

〇避難スイッチ

「『避難スイッチ』で防災行動を」(時論公論)
九州南部や関東などが梅雨入りし大雨への警戒が必要な時期になりました。去年の西日本... #nhk_kaisetsu
タイトルとURLをコピーしました